物流業界でよく聞くネステナーとはどんなものなの?

物流業界でよく聞くネステナーとはどんなものなの?

物流業界でよく使われているネステナー。

一体何を指すのか、よくわからない人も多いんじゃないでしょうか。

ネステナーとはどんなものなのか、そのメリットはあるのか、紹介したいと思います。

ネステナーとは物流倉庫に設置できる保管棚のこと!

ネステナーとは、簡単に言うと、物流倉庫に設置できる保管棚のことを言います。

使う方法は簡単で、倉庫に設置し、そこの上部と内部にパレットを付けるだけ。

そして、そんなネステナーを倉庫に並べて設置すれば、種類別・地域別などで、簡単に仕分け収納ができるようになります。

また、ネステナーは2段、3段と重ねて設置することも可能です。

横・縦と倉庫の広さに合わせてネステナーも設置できるので、倉庫を隅々まで有効活用できるんですね。

ちなみに、ネステナーには、逆ネステナーというのもあります。

その違いは棚の場所。

ネステナーは荷物を置ける棚が下、逆ネステナーは棚が上と、棚の場所が真逆に変わるのが違いですね。

ネステナーのメリットとは?

ネステナーの最大のメリット、それは保管効率の向上が見込まれる事でしょう!

倉庫に普通に荷物を置く場合、一番下の荷物が潰れてしまう為、荷物の重ね置きには限りがありますよね。

なので、どんなに高さがある倉庫でも、置ける荷物の数は限られてしまいます。

一方、ネステナーなら2段3段と積み重ねれば、その分だけ荷物を置くことが可能です。

倉庫の高さ、そして広さに合わせて効率よく荷物を保管できる、これがネステナーの一番のメリットですね。

また、組立不要で固定せずに設置できる為、気軽にレイアウトの変更ができるのも強み。

ネステナーは重ねて保管もできるので、使用してないネステナーを保管するのにスペースを取らないのも大きなメリットです。

ネステナーとは、そしてそのメリットとは、この二つの疑問について、お答えしました。

物流倉庫に必須となっているネステナーは、ネットショッピングの需要が増している今、とても重要な機器になっています。

物流業界と関わりのない人には縁のないものでもありますが、私が頼んだ荷物は物流倉庫のネステナーに保管されているんだ、一度はそう思いを馳せてみるのも悪くないんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました