パレットのことをネステナーと呼ぶそうですが、パレットを使用することのメリットは何ですか

パレットのことをネステナーと呼ぶそうですが、パレットを使用することのメリットは何ですか

パレットを使用するメリットとは

パレットの動きを分析できる

パレットにはプラスチック製だけでなく、木製のものもあります。

現在使用されているパレットには、1枚1枚すべてに電子タグが設置されています。

この電子タグをとおして、パレットの稼働状況をチェックすることができます。

具体的には、倉庫で1000枚のパレットが使用されている場合、1000枚すべてのパレットが稼働しているときは物流状況が活況であり、その会社の業績も良くなることを見通すことができます。

一方、倉庫内の1000枚のパレットのうち、わずか300枚しか稼働していないことが判明すれば、その会社は残りの700枚を稼働させられるような打開策を考えなければなりません。

30%のパレットしか稼働していないということは、会社の業績が悪化していくということが明らかだからです。

このように、パレットの稼働状況を把握することで、会社の業績見通しまで判断することができます。

そして、先手先手で経営者は事業方針を策定することができます。

近年はダンボール製パレットも使用されている

近年はダンボール製のパレットが使用されている点も、メリットとして挙げられます。

パレットは、大規模な倉庫や工場では数万枚が使用されています。

これらのパレットすべてがプラスチック製では、廃棄物処理に手間がかかり、環境問題という観点で時代の流れに逆行してしまいます。

そこで、ダンボール製のパレットが開発されたわけです。

ダンボール製パレットであれば、廃棄するときも廃棄物処理場を利用する必要はありません。

ダンボールはリサイクル可能なため、環境にもやさしく、時代にマッチした製品なのです。

タイトルとURLをコピーしました